skip to Main Content
会社に不在でも固定電話の受発信が可能!電話のことなら8ppy Call!

コラム

コールトラッキングってなに?通常のアクセス解析では取得できない電話コンバージョンの仕組みを解説

コールトラッキング(電話効果測定)とは

コールトラッキング(電話効果測定)とは、ウェブサイトやそのほかのメディアに掲載された電話番号への着信から、お問い合わせや商品購入など電話コンバージョンの効果測定を行うことです。

本来、コンバージョンとして計測したいのは、お問い合わせや商品購入などの意図したものですが、従来のメディアでは、間違い電話や誤操作による発信も電話コンバージョンに含まれた状態で計測されています。

コールトラッキングツールを利用することで、有効なお問い合わせや商品購入などの意図したものが、いつ、どこで、どのくらい着信があったかを計測し、検証・分析することが可能となります。

従来のアクセス解析

コールトラッキングを導入していない場合でもアクセス解析で電話タップの効果測定が可能です。

しかし、電話タップの計測では、お問い合わせや商品購入など電話コンバージョンの測定はできるものの、誤操作による発信や電話タップはしたものの発信はしなかった回数も含めて計測されてしまいます。

また、パソコンのブラウザで閲覧している場合、電話番号を見て電話をかけることになります。このようなケースでは計測ができないため、正確な電話発信回数を把握することはできません。

サイトや広告出稿の規模が大きくなればなるほど実数とのかい離が発生してしまうでしょう。各広告やオウンドメディア等の費用対効果を正確に計測することが難しいと言えます。

コールトラッキング(電話効果測定)の特徴

コールトラッキングは従来のアクセス解析の電話タップとは異なり、実際に電話が発信された回数を計測します。

入電を元としたコンバージョンを把握できるため、メディアごとの費用対効果がより明確になります。

コールトラッキングを導入することで、ウェブセッションの流入経路を把握し、より効果の高いメディアに広告費や制作費を集中させ、より関心を持ってくれるユーザーへアプローチすることが可能となります。

ウェブ以外の媒体でも、たとえば雑誌の広告、テレビ通販、交通広告、地域ごとの新聞の折り込み広告やポスティングのチラシなどに掲載する電話番号をそれぞれ変えておけば、どの媒体からの入電が多かったかを把握することが可能です。

コールトラッキングでは、そのほかにもウェブサイトでユーザーセッションごとに電話番号の表示を切り替えることも可能です。この機能を利用することで、同時に複数名のユーザーがウェブサイトを閲覧している場合でも電話がどのセッションのユーザーからのものかを把握し、閲覧していたブラウザやデバイス、リファラーなどを把握することもできます。

アクセス解析とコールトラッキングを連携させることで、ウェブサイトでの購入やお問い合わせなどオンラインでのコンバージョンと、直接電話を掛けてきたオフラインの効果を同時に計測することが可能となるのです。

コールトラッキングを活用して、より効果的なデジタルマーケティングを実現しましょう。

8ppy Call Analyticsのご案内

クラウド電話「8ppy Call」では、このようなコールトラッキングが実現可能な「8ppy Call Analytics」をご用意しています。

電話反響のデータ化、分析・効果測定を行い、効果の高いメディアへ広告を集中させ、効率よくお客さまの獲得を目指しませんか?

「8ppy Call Analytics」では、CRM連携も可能です。CRM連携により、一度電話をいただいたお客さまの情報を登録しておけば、そのお客さまとのこれまでのお取引内容を管理することが可能となります。

また、クラウド電話機能「8ppyCall」の通話機能と連携することで、コールセンターに近い顧客管理を可能とします。コールセンター業務を内製化することで、お客さまとより親密な関係を築くことも可能となります。

共有

関連コンテンツ

関連コンテンツ

Back To Top